Healing Space Maria-juの架け橋ブログ

Healing Space Maria-juが贈るチャネリングメッセージとスピリチュアルライフの実践ブログです。

チャネリングメッセージ

真の眼差し

物事を真の意味で識る・視ることは、決して容易いものではなく、一朝一夕でできることではありません。 しかし一方で、刹那の閃きの中に真理を見出すことがあります。 私たちから視ると、あなたたちは常に波立つ水面のように揺らめいて、その輪郭、相貌を捉…

独りきりに見える世界で

黒が揺蕩う心の海に 淡い蒼灰の煌めき一つ 闇と呼ばれて忌避される中に 未だ知られぬ命息づく ただ静けさの上に佇んで 全てが共に在ることを識る ほんのり温か 存在の息吹 心を別つ冷たい吐息 それさえ一つの唯の光 独りきりに見える世界で 繋がる安堵 今こ…

夜空に広がる無数の星のように

たった一つの温かな優しさの記憶が一生の支えになることがあります。 あなたにとって大切なものは、肩書や目に見える成果の数や恋人の有無などに限らず沢山あります。 大切なものが増えるということは、それだけあなたが世界に思いやりや誠実さを送り出した…

あなたが送り出したものが、あなたが受け取るもの

心の中の甘いときめきが、あなたから溢れてふわふわと世界に広がっていく様を思い浮かべてください。 それは優しい光のシャワーとなって、あなたの周囲を柔らかく照らしてくれるでしょう。 あなたが送り出したものが、あなたが受け取るもの。 このとてもシン…

揺らぐ波

水面を覗き込んだら、ゆらゆらと揺らめいて、はっきりと輪郭を捉えられないでしょう。 その様を見て、あなたは「自分の姿が映っていない」と考えるかもしれませんが、水面が映し出したものこそ、正にあなたの姿なのです。 あなたが考えている「形」というも…

乙女が眠り続ける限り・・・

森を進むと、そこは木々の雫で輝く光のお庭。 金色の葉に頬を寄せ、甘やかな笑みを浮かべた乙女が眠っているよ。 幸せそうなその顔を覗き込んで、木々はひそひそお話しするの。 乙女の眠りを守ろうか。それとも、目覚めを告げて、行くべき場所へ送り出そうか…

皆違って、皆同じ

例えば、「楽しむ」ということは、必ずしも気持ちが華やいだり、ピョコピョコ飛び跳ねるような高揚した状態のみを指す訳ではありません。 気持ちが落ち着いて凪いでいる様や温泉に浸かった時のような解放感などもまた、「楽しむ」の一表現です。 楽しいと思…

灯の詩

風を受けて宵を抜け 遥か彼方に駆け出せば 虹の片隅 眼の端(は)の向こう 明けの柔陽(やわらび) 飢渇を愛づ 虚(うろ)の隙間 哭き魂(なきもの)に居場所を与え 在の世(あのよ)が知らざるは 唯一つも無し 此処路(こころ)此の路(みち) 続き果て無く…

歓びと祝福の歌

私たちの歌は、歓びと祝福の波動を奏でます。 心を静めて、歌が織りなす光の波に身を委ねてみてください。 あなたの心に巣食う暗く重たい感情や生活の中で抱える義務や役割が、そのひと時、波に包まれ溶けていきます。 私たちの歌は、魂を鎮める歌です。 魂…

今という選択の時 ~つながりを抱きしめて~

人と人とのつながりを求める気持ちを大切に抱きしめてください。 私たちとあなたたちは、つながりの中に喜びを見出す存在です。 それはつまり、統合の流れを生きる存在ということでもあります。 寂しいと感じる心、他者を求める欲動、誰かの喜びを我が事とし…

リッジを解き明かす鍵

体のエネルギーの純度を上げてください。 私たちのメッセージがスムーズにあなたの中に流れ込めるように。 心の中に隙間を作ってください。 新しいエネルギーを存分に受け取れるように。 私たちの側面に刻まれた無数のリッジと呼ばれる横線は、その一つひと…

心に顕現する赤褐色の炎

私たちの赤褐色の炎は、好意や親切心の裏側で糸を引く利己的な想念を燃やし尽くします。 誰かに何かを与える際、そこに「思惑」が混ざることを否定するつもりはありません。 しかし、私たちは人の持つ、何度倒れても立ち上がるひた向きさや強さ、泥に塗れて…

思い出して・・・

さあ、俯かないで。顔を上げて。 あなたは色とりどりの花。世界に二つと存在しない奇跡の花。 あなたを形作る一つひとつが個性的で、魅力的で、思い思いに咲き誇る。 あなたと誰かを比べたところで、出てきた答えの「正しさ」はどうやって分かるの? 誰かが…

あなたの内に宿る熱

あなたの故郷は地球だけではありません。 宇宙に散らばる幾つもの星で生きた経験があります。 あなたという魂は無限に広がる宇宙を渡る旅人です。 何とも壮大な星の平原を駆け抜けて、未知との出会いに心躍らせる「熱」がそこにあります。 あなたは立派な「…

「今」を生きる愛しいあなたへ

私たちガイドとの直接的なコンタクトを望むなら、「つながりたい」ではなく「もっと」と望んでください。 なぜなら、あなたとガイドはもうすでにつながっています。 「つながりたい」と望む時、その背景には「つながっていない」という意識があります。この…

自分のことを少しでも大切に思うなら

自分のことを少しでも大切に思うなら、表面を取り繕った生温い「優しさ」に縋るのはおよしなさい。 大切に思う気持ちの表れが、耳障りの良い言葉や甘い態度であるとは限らないのです。 傷つきたくないと思うなら、傷つかないように保身を重ねるよりも傷に意…

過ちを責め続ける心の奥に潜むもの

生きる者は誰しも必ず過ちを犯す。 自らの過ちを悔いることは自然な在り様だ。 悔いることは、自らの考えや心を育ててくれる。 ただし、悔いることを超えて己を苛み続けたり卑下することは、苦しみと飢餓を育てはするが、自らを未熟なままに縛り付ける。 我…

あなたを打った雫の数だけ

萌える木々の葉が雨の雫を纏って虹色に輝くように、あなたもまた雫を纏って輝き出します。 怒りの嵐に巻き込まれ、自己嫌悪の霧に包まれて、何時止むとも知れない涙の雨に打たれても、あなたは必ず光の中へ歩み出でるのです。 心に影が落ちる程、光をよりは…

ただ、在るだけ

目の前に広がるのは、どこまでも果てしなく続く地平線。 そこは命が芽吹き、散っていく。 陽の光。風。水。大地。あらゆる生命を祝福し、精霊たちが舞い踊る。 ガイアの懐深くに抱かれて、私たちはただ、そこに「在る」。 「在る」というのは、「生きる」と…

ドリームクリスタル

人の世界で、私たちのことを「ドリームクリスタル」と呼ぶことがあります。 これはとても的を得た呼び名だと思いますが、少し意味の違いもあるようです。 あなたの言う夢とは、眠りに落ちた後に体験する世界のことですね。 ですが、私たちの言う夢とは、あな…

闇の海で輝く銀色の光

眠れない夜こそ感じてください。私たちが寄り添っていることを。 愛しい人を呼ぶその慟哭も、眼から溢れ出た悲しみの結晶も、私たちが闇の海に溶かしてあげましょう。 ただ心の赴くままに、あなたはあなたでいればいいのです。 あなたがどれ程己を醜く、惨め…

ファントム(記憶の幻影)の救済

あなたは気の遠くなるような「縁」の結晶です。 あなたという一人の存在が生み出されるまでにどれ程の人たちの命が、人生が関わっているか、想像してみてください。 あなたは奇跡が幾重にも折り重なってできた唯一無二の存在なのです。 そして、あなたは縁で…

霧の向こうへ

私たちは共に手を取り合って歩んでいます。 私たちは家族です。私たちのつながりが途切れることは決してありません。 私たちは全て、生と死という命の循環を繰り返しながら、少しづつ進化を遂げていきます。 形あるものがいつか消えゆくことを運命というなら…

あなたという愛しい故郷へ

心の暗がりに降りていく準備ができたなら、さあ、私たちの手を取ってください。 どこまで続くのか、どれぐらい続くのかも分からない道行きに、逃げ出したくなるでしょう。引き返したくなるでしょう。 けれども、この暗がりの先を識ると決めたあなたの手は、…

涙の数だけ、何度でも。

気が済むまで、思う存分泣いたらいいのです。 涙も嗚咽も、悲しみも切なさも、あなたという存在ごと私たちが抱きしめます。 流した涙に自分の一部が溶け出して、穴が開いてしまったように感じても、それでいいのです。 溶け出したあなたの後に、また新しいあ…

笑顔のお礼

あなたたちの笑顔は、光に透けるシャボン玉のように煌めいて、風に乗ってふわふわと、世界中に広がっていきます。 私たちはその煌めきを、まるで憧れのトップスターに出会ったかのように夢見心地で見つめています。 あなたたちの笑い声は、世界を魅了して止…

銀色の揺り籠

さあ、いらっしゃい。私たちの腕の中に。 銀色に輝く羽根は、光の揺り籠。 ただ、お休みなさい。 あなたが握りしめているものからこのひと時、手を放して。 私たちは知っています。 あなたがどれ程の怒りを、悲しみを飲み込んでここにいるのか。 あなたがど…

出会いという神秘

私たちは、この悠久の時の中であなたに出会えたことに心から感謝しています。 人や物、出来事も、全て「出会い」という形を取ってあなたのもとにやって来ます。 その出会いがあなたにとってどういうものであれ、いつか消えゆくものであれ、あなたが世界の神…

初夏のエネルギー変容に向けて

冬の終わりに地球のエネルギーサイクルが新しい段階に入りましたが、もうすでに次の段階に向けて加速しています。 次に迎えるエネルギーのターニングポイントは、初夏の頃となりそうです。 地球のエネルギー変化は、気づく気づかないに関わらず、あなたたち…

黒のベールが誘う秘密の宴

輝く星を纏った黒のベールに覆われたなら「こちら側」から「あちら側」へとお行きなさい。 密やかに。秘めやかに。 二つを隔てる境界は曖昧になり、あらゆる生命が解放の喜びを謳歌します。 暫しの間肉体から解放され、夢の中で遊び、舞い踊るあなたは、己が…